アクセス解析タイ・バンコク情報

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告 <<--投票してね♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<--ぜひぜひ、投票してね♪

クローンは故郷をめざす

2009/01/18 (日)  カテゴリー/未分類 <<--投票してね♪

クローンは故郷をめざす

評価:60点

感想:
命の大切さを考えさせられる作品。

クローンは故郷を目指す

クローン技術の進んだ少し未来のお話でしたが、その技術を生かす部分での葛藤は見ていてすごく感じるものがありました。
現在でも人体の一部としてのクローン技術は確かにありますが、そこに心が伴う場合、色々と絡むもので、この作品はその視点からクローン技術に対する投げかけが読み取れました。

最近の作品であれば細かいセリフ回しや、気がつきやすい演出も多いですが、こちらの作品は沿い売った部分は少なく感じました。

ですので、小説を読むような感覚で、色々と見ていて気がつく必要のある作品ですが、
その分、気が付いた時には、新たな感動や考えを掘り起こさせられる作品でもあるように思います。

そして、それは、なんども見るうちに色々と気がつくのではないでしょうか。

なお、鑑賞は、東京・シネカノン有楽町1丁目で行いました。

初日だったため、舞台挨拶に及川光博さん、嶋田久作さん、中嶋莞爾監督がいらっしゃっていました
及川光博さんは、とても、好感の持てる話し方で、内容は作品に触れますので割愛させていただきますが、色々と作品について、興味深いお話をなされていました。

==あらすじ==
この作品は、近未来。クローン技術が飛躍的に進歩した日本が舞台のお話です。
一度は命を落とした主人公が、家族の反対にも関わらずクローン技術で再生され生まれ変わります。
一見幸せに思われたクローン技術ですが、作品を通じて、限りある命の大切さなど、いろいろと考えさせる作品です。
主演は、映画初主演の及川光博を迎え、永作博美、石田えりなどが出演しております。

出演:及川光博 石田えり 永作博美 嶋田久作 品川徹 塚本僚 塚本将 矢島健一 佐藤貢三 平野貴大 田村泰二郎 緒方明 鶴見愛莉 藤あけみ 市川千恵子 清水ヨシト 芝崎真人 夕貴まお 林亜紀子
制作:中嶋莞爾 山下雄太 中嶋莞爾
スポンサーサイト
<<--ぜひぜひ、投票してね♪

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。