アクセス解析タイ・バンコク情報

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告 <<--投票してね♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<<--ぜひぜひ、投票してね♪

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

2009/01/20 (火)  カテゴリー/未分類 <<--投票してね♪

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

評価:90点

感想:
犯人を想像するミステリーと、古き良き日本の街並みを綺麗に再現した作品。

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

怪人二十面相にハメられた主人公が、無実を証明するために立ち向かうお話です。
設定も面白いですが、展開がとても面白く、次がどのような展開となるかと、とても楽しみながら観れる作品でした。
金城武さんや、松たか子さんなど、各出演者の演技も自然でしたので、とても、すんなりとその世界へ入ることができました。
特に見ていて、長く感じることもなく、適切なペースで話が進んでいましたので、恐らく観ていて飽きることはないと思います。

また、怪人二十面相が誰かということを最後まで、うまく隠していていますので、その謎が気になる作りになっています。

ALWAYS 三丁目の夕日スタッフによる製作で、架空の日本ですが、レトロ感がうまく表現されていて、映像もとても綺麗でリアルした。

若干気になりましたのは、刑事が尋問するシーンと、怪人二十面相との格闘シーンは、リアルに感じ、ちょっと痛々しかった印象を受けました。
ダークヒーローということもあるのかもしれませんが、必要以上に冷徹に攻撃してくる印象をうけましたので、その恐怖感なども鑑賞していて、強く印象付けられました。

続編への可能性も少し感じましたが、その場合は、とてもいいお話になりそうですので、もし製作されたら、ぜひ、観てみたいなと思う終わり方でした。

なお、映画館は、新宿ピカデリーで鑑賞しました。

==あらすじ==
架空の都市、「帝都」を舞台にしたお話です。
富裕層のみを狙って、その財宝を狙う怪人二十面相が登場します。
そして、サーカスの曲芸師が、ある依頼を受けます。
それは、財閥令嬢と名探偵・明智小五郎との結納へ潜入して写真を撮影して欲しいというものでした。
それを引き受けた彼は果たしてどうなっていくのでしょうか?

出演:金城武 松たか子 國村隼 高島礼子 本郷奏多 益岡徹 今井悠貴 斎藤歩 木野花 飯田基祐 猫田直 藤本静 大堀こういち 高橋努 田鍋謙一郎 神戸浩 市野世龍 要潤 串田和美 嶋田久作 小日向文世 大滝秀治 松重豊 鹿賀丈史 仲村トオル
製作:佐藤嗣麻子 北村想 佐藤直紀 佐藤嗣麻子
スポンサーサイト
<<--ぜひぜひ、投票してね♪

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。